×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康診断と生活習慣

健康は生きるための根幹です。楽しく、充実した社会生活を送るための根幹も健康です。健康診断を受けることにより、疾患、身体の異常を早期知見、早期治療、自分の健康状態を客観的に把握、そして健康の維持・増進のための日常生活を見直す手掛かりとなります。

定期的な健康診断を受けることは、不可欠となっています。健康づくりが求められる背景として、まず健康への関心の高まりがあります。民間商業スポーツ施設の隆盛、あるいは溢れ返るほどの健康情報などから、人々の健康への関心の高まりが伺えます。こうした関心の高まりに呼応して、自治体がそれぞれの状況に応じた適切な健康づくりに取り組めるよう、支援していく必要があるでしょう。

また、少子高齢化に伴う社会保障負担の増大が挙げられます。少子高齢化が進むことは、高齢人口を支える若年層に将来大きな負担をかけることを意味しています。増加の一方を辿る医療費などの社会保障負担をいかに適正な水準に維持していくかが、大きな課題ともなっているわけです。

調査によりますと、自分は健康だと思っている人は80%を超え、健康に自負のある人が半数を超えていましても、調べますと本当に健康な人はわずか5%しかいなかったそうです。疾患ではないこと=健康であることと勘違いしているところもありますが、現代人は、重金属で汚染された大気を吸い込み、塩素入りの水を飲んで、栄養価が激減した促成栽培菜類や化学合成化合物漬けの加工食品を摂取し、肉、動物性脂肪、糖分の多い欧米化した飲食をしています。また、仕事と遊楽でとても忙しくて不規則、睡眠不足、そして運動もしません。

人間味のない争奪社会と人間関係でストレスは溜まる一方です。さらに、タバコやアルコールでストレスを紛らわせているような生活習慣が続いています。このような健康教化の欠如からくもたらされる、健康に無知・無関心のまんま行動する生活習慣が招いた結果と言えるでしょう。他にも高血圧や狭心症もやはり生活習慣からの要因が大きく、日頃の意識が大切なことが判ります。米子市の老人ホーム

狭心症

狭心症は検査方式や療養方式も良くなり、以前に比べ治る確率も高くなってきました。狭心症は動脈硬化が主な起因とされている病気で、生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)を見直すことで防止可能な確立が高くなる病気です。狭心症はメタボリックシンドロームのひとつとも言われている病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)で、日頃の食事に用心をする事によってかなりの確率で狭心症を防ぐことが出来ます。食生活に気を配ることはさまざまな病気防止にもつながります。

喫煙や飲酒、カロリーの高い物を好む食生活は動脈硬化(血流が遮断されてしまう恐れがあるため、たいへん危険です)になりやすく、狭心症にもなりやすくなってしまうそうです。体内に中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)が蓄積されると血液中に放出され、悪玉コレステロールとなり動脈硬化になってしまいます。中性脂肪(メタボリックシンドロームの診断基準の一つで、多すぎると健康を損なうとされています)を減少させることで狭心症だけではなく、さまざまな病気の防止につながるようといわれているんですね。生活習慣病にならないためにも、大事な自らの体を守っていくためにも食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)なんかの見直しをしてみましょう。

狭心症の防止のため、動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)を防止するためには、脂肪分の多い食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)は避けるようにして下さい。食事の習慣を見直すことは健康保持だけじゃなく、美肌(正しいスキンケアと生活習慣なくしては実現できません)作りにも役立ちますのでバランスの整った食事習慣を心がけてください。


狭心症の症状